「バリアフリーアクセサリーって初めて聞きました!」

「バリアフリーアクセサリーって初めて聞きました!」

こんにちは
バリアフリーアクセサリー(R)
ユアミューズの
てらさき かおる

これは私がSNSに投稿した時に
一番多くいただくコメントです。

そして
第2位以降はこんな感じです。

「本当に素晴らしい活動をされていますね!」や

「コンセプトにすごく共感したのでシェアさせてください!」

「どこにもなかった発想ですので必要な方に届けてください!」

などなど・・・。

本当にこの
バリアフリーアクセサリー(R)を始めてからは
このような感動のコメントを書いてくださる方が本当に多いのです。

しかもかなりの長文で・・・・

私はもうずいぶん前からアクセサリーの仕事をしていますが
かつてないほど、毎日コメントをいただくようになりました。

これはきっとこの「片手で先生になれるアクセサリー教室」が
今までどこにもなく、
そしてそれを考えた人もいなっかったからなのではないでしょうか。

私だけではなく
きっとこの先、認定講師さんたちも
たくさんの方からこのような嬉しいメッセージを
もらえるはずです。

このバリアフリーアクセサリー(R)は
たとえレッスンを受けなくても、
世の中にはこんな活動をしている人がいる、
それだけでも
誰かを勇気づけられると思っています。

だから先生にならなくったて
この私が感じるワクワク感、
それを一緒に体験してもらう、それだけでも嬉しいんです♪

まずは自分を喜ばせてみる、
それだけでも十分意味があると思いませんか?

ではまたお会いしましょう♪
てらさき かおるでした。

障害があっても
片手でつけられて、
片手で作れて、
片手で教えられる
バリアフリーアクセサリー

◆───────────────◆

<片手だけでキラキラのアクセサリーが作れてしまう
3つのポイント> 全3話

動画レッスンの<第1話>の内容は・・・

一般的には
片手でできることは限られていると
思っている方が多いと思いますが、

実は
両手でも難しいアクセサリーを
片手で作るには

ちょっとしたポイントがあるんです。

そしてそのポイントさえわかれば

本当に可愛いアクセサリーが自分だけで
作れるようになるんですよ♪

動画はアクセサリー作りや手芸をするのが
初めての方にも
わかりやすいように作ってありますので、
ご安心ください。

公開期間中に
ぜひ楽しみながらご視聴くださいね。

ご視聴にはご登録が必要です。
無料動画レッスンの登録はこちら↓↓ 
https://urmuse.tokyo/entry/
(すぐに返信メールが届かない時はメッセージくださいね)
*パソコン、スマホどちらからでもご視聴いただけます

期間限定動画ですのでお急ぎくださいね。

<バリアフリーアクセサリー誕生のストーリー>

子供の頃の私は両親が共働きだったため家に一人でいる事が多く
綺麗なボタンや貝殻を集めたり
母の宝石箱にあるキラキラ光るアクセサリーを見るのが大好きでした。

結婚し子供が幼稚園に入った頃、
当時流行り出したビーズでアクセサリーを作ってみると
忘れていた子供の頃のワクワク感が蘇えってきました。
それからは寝る間も惜しんでたくさんのアクセサリーを作り
1年後にはアクセサリー講師の仕事をスタートさせました。

講師になって10年以上が過ぎたある日
母と母よりも年下の叔母と私の3人で出かけたときのことです。

電車を何度のりかえてもなぜか席をゆずってもらえるのは
叔母ばかり。その時に私は気がつきました。
地味な色の服にノーアクセサリーの叔母に対して
派手な色の服にキラキラのアクセサリーを身にまとう母は
実年齢よりずいぶん若く元気に見えていたようです。
このことからアクセサリーには女性を内側から輝かせる力があると感じ
女性が幾つになってもキラキラのおしゃれを楽しめる
アクセサリーブランドを立ち上げることにしました。

その準備をしている時に
福祉ナースの方から、杖ホルダーのデザインを依頼されたのですが
「可愛いデザイン」でというオーダーを不思議に思い尋ねてみると、
お年寄り向けではなく若い女性向けということでした。
「若くても 脳卒中などで半身麻痺になる人が多く、
そのことで未来への希望を失い、
体だけではなく心まで不自由になってしまう人がいる」
というのをその時初めて知ったのです。

これを聞き、
片手でつけられるアクセサリーがあれば
歳を重ねた方だけではなく半身麻痺の女性にも
もう一度おしゃれをしたいと思う気持ちを取り戻してもらえるのではないか、
そしてそれを自分で作ることができたら、
きっとあの時の私と同じようなワクワクを感じてもらえるのではないか。
そう考えるようになりました。

そのようにして生まれたのが
・肩の凝らない軽い素材を使い
・面倒な金具のない
・片手で着けられる
・首の後ろに手を回す必要のない
どんな方でも垣根なく使ってもらえるバリアフリーアクセサリーです。

このアクセサリーを通して、
今まで色々なことを諦めてきた女性たちが
心のバリアを無くし
キラキラと輝く毎日をおくるお手伝いをすることが
私のミッションです。

****************

 

Tagged , , , , , , , , , , , , , , , , .