あなたの辛かった思いをプラスに変えることができたら・・・

 

 

あなたがもし

アクセサリーの先生になれたら
何がしてみたいですか?

 

バリアフリーアクセサリー

 ユアミューズの
てらさき かおるです。

 

教室で生徒さんにアクセサリーを教えたあとは

手作りのスイーツとお茶を飲みながら

おしゃべりできる

サロンみたいにしても素敵ですよね。

お部屋にはお花を飾っておもてなし。

 

 

通ってくる生徒さんも

この日のためにおしゃれして

教室の日を楽しみにしてくれるような

そんな教室があったら・・・、

私だって絶対通いたい!

私がアクセサリーの先生になったのは

地方転勤の孤独な子育てが辛かったから

私と同じく行き場がないお母さん達が

 

 

子連れで気軽に

習い事ができる場を提供したい!

その一心でした。

そして子育てが落ち着いた頃、
教室を作り

 

シッターさんに子守りを任せて
お母さんたちはおしゃべりしながら

 

赤ちゃんを横にゴロンと寝かせて
アクセサリーを作れるようにしました。

私の周りにも
子育てで苦労した経験から
機能的な抱っこ紐を開発したり

 

身体が不自由になったことで

装具をつけたまま履けるおしゃれな靴を

開発した方もいます。

自分が辛い思いをしたからこそ

後の人たちには

自分のような苦労をして欲しくない。

 

そんな想いから生まれたものは
必ず人の心を動かします。

もしあなたが
経験した辛い想いを
プラスに変えることができたら

 

 

あなたもきっと誰かを
幸せにすることができるはずです。

 

 

誰かのためになれて

誰かに必要とされるって

本当に嬉しいものですよね。

 

では明日も素敵な

1日になりますように♪

 

障害があっても

片手でつけられて

片手で作れて

片手で教えられる

バリアフリーアクセサリー 

ユアミューズ
◆───────────────◆

Tagged , , , , , , , , .